Car & Drive

2015年7月18日 (土)

新型パサート

フォルクスワーゲンパサートがモデルチェンジしましたね。
ディーラーから試乗の案内が来ていたので早速乗ってみました。
P1s
P2
こちらはヴァリアント。赤?茶色系の色でなかなかきれいな感じでした。
P3
ヴァリアントハイラインの内装。木目調パネルなどで落ち着いたイメージでした。
P4
強調されたボディサイドのラインが目を引きます。
P5
セダンのトランク。深いです。かなりの荷物が積めそうですね。
P6
セダンコンフォートラインの内装。こちらはシルバー系で、格好いい感じですね。

試乗したのはセダンでした。1.4Lのエンジンですが軽やかに加速して運転していても重さはあまり感じません。燃費も20km/Lを超えるそうで、MQBプラットフォームによる恩恵ですかね。
室内は大型のセダンらしくゆったりとしたもので、乗り心地も同様に余計なノイズや振動が抑えられた感じします。
先代モデルはヴァリアントのほうが売れていたようですが、新型はセダンの販売に力を入れるとのこと。
今後はディーゼルエンジンの導入などもあるそうなので、商品力アップして他社の大型セダンとの真っ向勝負に挑むんでしょうね。これだけ完成度が高いと良い勝負になると思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

Polo GTI 2015

ティグアンの1年点検のため、ディーラーへ行ったところ、担当営業さんから「懐かしいものをご用意しました」と言われました。何かなと思ったらPolo GTIの試乗車!。以前乗っていたのは9NのPoloですが、これは最新型6RのGTI。よろしかった運転してみてくださいと言われたので、もちろんということで乗ってきました。
Polo_gti_2015_1_2
色はピュアホワイト。昔のGTIに設定されていたキャンディホワイトよりも白さが強い様に思います。ハニカムグリル(これ洗車後に必ず水が残ります)や赤いラインなどGTI伝統のデザインは健在。ライトはLEDだそうです。Polo_gti_2015_2_2
後ろから見ると、ノーマルのPoloとの差はあまりないです。17インチホイールのデザインはGTI専用かな。エンジンは1.8Lのターボ。これはマイナーチェンジで1.8Lに変わったそうです(前は1.4L)。自分が乗っていた9NPoloも1.8Lでした。
Polo_gti_2015_3_2
内装もチェック柄のシートなどGTI専用のデザインは相変わらずで全体的な意匠は9Nのイメージからそう変化はしていません。室内空間はちょっと小さく感じますが、必要十分です。
実際に走らせてみると、この大きさにパワフルなエンジンが心地良いです。低回転からトルクがもりもり出るので、発進や軽く流している時はスムーズに、そしてアクセルを踏み込めばちょっと勇ましい排気音とともに力強く加速します。カーブなどでの安定感は当然のことながらバッチリ。足回りはやはり硬めですが、不快な振動等は無く、路面状況を確実に伝えてくれます。コンパクトな車体は、”自分が運転している”という感覚がはっきりしていて楽しくなります。あらためて、Polo GTIって面白い車だなあと思いました。
なお、先日MT仕様が発表されましたが、そちらはさらにトルクアップしているようで、もう完全にスポーツカーですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

ルーフレール

愛車ティグアンにはアルミのルーフレールがあり、またサイドウィンドウ周りとドア下部にもシルバーのメッキモールがある。最近はこれらの金属パーツがある車も多いのだが、徐々に白い錆が発生し、うろこ状に腐食して見た目が悪くなるという欠点がある。毎日洗車して拭きあげるわけにもいかないので、どうしても錆が出てくることは仕方が無い。発生した錆びは洗っても落ちないので、何らかの処理が必要となってくる。うちの車も納車後半年以上過ぎたので徐々にルーフレールに白錆が出つつあった。

いろいろネットで検索したところ、「ブルーマジックメタルポリッシュクリーム」なるものが良いらしいので、早速Amazonで購入。晴れた日の午前中に試してみた。

手順としては、洗車後、ブルーマジックが磨く部分以外につかないようにマスキングして、後は塗って磨いてふき取るを繰り返すだけ。磨く際には100円ショップのメラミンスポンジを使用した。アンモニア臭がきついと書かれていたけれども、思ったほどではなかった。ただ、爪の間に入ると取れにくいので、ゴム手袋をしてから作業したほうがいいかもしれない。

さて、効果のほどは如何に。
Bluemagic写真のように白錆びがかなり目立たなくなった。
完璧にとれたわけではないが、ちょっと見ただけならわからない程度にまで落とせている。
ルーフレール2本を処理するのに約1時間ほどかかったが、もっと根気よく磨けばさらに落とせるかも。

ブルーマジックには錆を落とすだけでなく、コーティングぐ効果もあるようなので、これからも定期的に処理していこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

19inch

所用で訪問したディーラーで、ゴルフGTI Perfomance を目撃。
タイヤはなんと19インチで、平べったくてでかい。500台の限定車だそうで、すでに車体色カーボンスチールグレーメタリックのほうは完売とのこと。グレーですが、ちょっとグリーンが入っているようにも見える不思議な色。
Golf_performance


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

フォルクスワーゲン再び

夏にティグアンが納車されてからちょうど三ヶ月になった。ポロGTIを手放してからもうワーゲンとの縁もないだろうなと思っていたが思いがけず再び乗ることとなった。

きっかけは地元に新しくオープンするワーゲンディーラーのチラシだった。Vw_ushiku02
以前ポロを購入した店は移転して付き合いも消滅していたが、別系列のディーラーが近所に開店するので、オープン前にショッピングモールでの展示会を行うというチラシだった。とりあえず見に行くだけ、ということで妻と出かけた。その時乗っていたのは国産ミニバンだったが、そろそろ10年になるので次の候補を探そうかというぐらいの感じだった。この時点ではまだ国産車が有力候補。展示会で見たのはゴルフⅦだったが、昔のポロ、ゴルフと比べるとずいぶんと質感アップしていた。妻の感想も悪くは無かったが、まずは試乗してみようということで、ディーラーのオープン後に試乗に行くことを予約した。

同じ日に候補に挙げていた某国産SUVを試乗しに行ったのだが、乗り心地が今ひとつしっくりこなかった。軽すぎるハンドルやふわふわとした揺れ方に妻も不満で、運転して楽しくないという評価だった。この時点でこの車種は候補から脱落。普段付き合いがないディーラーで試乗したのだが、あまり営業する気がない対応もマイナスポイントだった。

そして、ディーラーオープン日にいよいよ試乗。ティグアン・TSIブルーモーションテクノロジーとゴルフヴァリアント・コンフォートラインを運転させて貰った。ティグアンは背は高いが不快な揺れ等は無くゆったりとした乗り心地。車体が大きいので1.4Lのエンジンでどうかと思ったが、運転してみると全く不足無く加速してくれて運転の楽しさを感じられた。内装はゴルフとはちょっと異なるテイスト(というか、ゴルフプラスと同じ意匠)だがチープな感じは無し。妻もかなり気に入った様子だった。ゴルフ・ヴァリアントのほうはMQBの恩恵なのか、乗り心地がなめらかで静か。こちらも運転していて楽しいと思える車だった。この2台の試乗でワーゲンの良さを改めて認識。タイヤや車体から伝わる情報が的確でしっかりと運転している感覚が持てる。
結局、ヴァリアントも良い車だったが最終的にティグアンに決定した。視点の高さや重厚な乗り味などがポイントだったかな。
Tiguan01
(ディーラーの納車室?にて)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

ハンドルカバー

実家用のスイフトは特にいじるつもりはないのだが、Poloが革ステアリングだったので、ちょっと革のハンドルカバーだけは付けてみようかと。
Cover01 使ったのは世界皮革の「編むエアカーフ」。まずこんな風にかぶせる。
Cover02 で、こんな風に編んでいく。少し編んだら、目打ちで引っ張りながら締めていくと良い感じ。
Cover03 仕上がりはこんな感じ。ちょっと右側が引っ張られ気味。長い部分は左右両側から編んだ方が良かったかも。
Cover04 スポーク部分はこんな風に。浮いた部分は両面テープで貼ることもできるが、気にしなければこのままでOK。
それなりに手間はかかるが、感触はなかなか良い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

Swift

Swift_2Poloと入れ替わりでやって来たのはスイフト。
排気量は1.3Lとちょっと小さなエンジン。パワーも控えめだけど、必要十分といった感じ。
後席やラゲッジスペースも広いとは言えないけれど、実家用にはちょうどよいかな。
足回りはPoloと比べると柔らかい(あたりまえか)。燃費はPoloより良いはず。レギュラー仕様だし、維持費は多少下がるだろう。
ディーラーからの帰り道の運転で、ちょっとPoloの時の癖が抜けず、ウィンカーレバーとワイパーを間違えそうになった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

Good-Bye Polo GTI

9n_pologti昨日、Poloを売却した。
ずっと実家に置いたままで、親が使い、たまに自分で乗ったりもしていたのだが、使用頻度が少ないので売却して国産のコンパクトカーへ変えることに。

前車のGolf IIIはホイール交換やマイクロロン処理など色々といじったが、PoloはGTIということもあり、ほぼノーマル装備のまま。社外のナビを付けたぐらいで、その他は特に交換した物は無し。
剛性感の高いボディにトルクフルな1.8Lターボエンジン、カチッとした足回り、直進安定性の良さと、小型車としては完成されたモデルと言えると思う。まあ足回りは慣れない人には硬く感じられるだろうが、高速道路などでの安定感は抜群だった。
トラブルはほぼ無し。一度ステアリングをいっぱいに切ると、ぎゅーっという音がする現象があったが、ダンパーのゴムがずれた事が原因だったので、ディーラーの点検で即解決。他にはパンク(釘が刺さった)が一回あったぐらいだろうか。
燃費も10〜11km/L程度を平均して記録しておりまずまず。ただ、今のフォルクスワーゲンはTSIエンジンによりかなり燃費が向上しているので、この辺はさすがに最新型には及ばない。

この車での一番の遠出は夏の新潟旅行。その他、袋田の滝や館山、日光などにも出かけた。Golfの時は大勢で遊びに行く事が多かったが、Poloは妻と出かける事が多かったかな。
次のオーナーの元でまた元気に走ることだろう。

フォルクスワーゲン ポロ
グレード:GTI
年式:2007年
カラー:リフレックスシルバー
走行距離:24381km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

北関東道

北関東自動車道を2011年3月19日に全線開通

何度か使ったことがある北関東自動車道。途切れ途切れなのでちょっと不便な所があったが、いよいよ全線開通か。以前走ったときは、えらく交通量が少なかった覚えがあるが、全線がつながることで車の数も増えるだろうか。
なんにせよ常磐道から関越道まで繋がるのは便利だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

新型目撃

E8AC3A5C-60BF-49ED-9C9E-678F819E2D8E
お昼刻、都内某所で、ふとホテルのロータリー前に目をやるとワーゲンが。ゴルフワゴンにしては背が高いように思うと、トゥーランだと気がついた。フロントマスクがゴルフⅥ風に変更されているマイナーチェンジモデルと思われた。確かまだ正式発表されてないはずだから、写真を撮っておこうと思い、近寄ると奥にもう一台。•••こちらは一回り大きく微妙にちがう気が••••お、こっちは新型シャラン。しばらくシャランは輸入されていないが、新型は日本市場に投入されるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧