« 星空 | トップページ | 19inch »

2014年11月 9日 (日)

フォルクスワーゲン再び

夏にティグアンが納車されてからちょうど三ヶ月になった。ポロGTIを手放してからもうワーゲンとの縁もないだろうなと思っていたが思いがけず再び乗ることとなった。

きっかけは地元に新しくオープンするワーゲンディーラーのチラシだった。Vw_ushiku02
以前ポロを購入した店は移転して付き合いも消滅していたが、別系列のディーラーが近所に開店するので、オープン前にショッピングモールでの展示会を行うというチラシだった。とりあえず見に行くだけ、ということで妻と出かけた。その時乗っていたのは国産ミニバンだったが、そろそろ10年になるので次の候補を探そうかというぐらいの感じだった。この時点ではまだ国産車が有力候補。展示会で見たのはゴルフⅦだったが、昔のポロ、ゴルフと比べるとずいぶんと質感アップしていた。妻の感想も悪くは無かったが、まずは試乗してみようということで、ディーラーのオープン後に試乗に行くことを予約した。

同じ日に候補に挙げていた某国産SUVを試乗しに行ったのだが、乗り心地が今ひとつしっくりこなかった。軽すぎるハンドルやふわふわとした揺れ方に妻も不満で、運転して楽しくないという評価だった。この時点でこの車種は候補から脱落。普段付き合いがないディーラーで試乗したのだが、あまり営業する気がない対応もマイナスポイントだった。

そして、ディーラーオープン日にいよいよ試乗。ティグアン・TSIブルーモーションテクノロジーとゴルフヴァリアント・コンフォートラインを運転させて貰った。ティグアンは背は高いが不快な揺れ等は無くゆったりとした乗り心地。車体が大きいので1.4Lのエンジンでどうかと思ったが、運転してみると全く不足無く加速してくれて運転の楽しさを感じられた。内装はゴルフとはちょっと異なるテイスト(というか、ゴルフプラスと同じ意匠)だがチープな感じは無し。妻もかなり気に入った様子だった。ゴルフ・ヴァリアントのほうはMQBの恩恵なのか、乗り心地がなめらかで静か。こちらも運転していて楽しいと思える車だった。この2台の試乗でワーゲンの良さを改めて認識。タイヤや車体から伝わる情報が的確でしっかりと運転している感覚が持てる。
結局、ヴァリアントも良い車だったが最終的にティグアンに決定した。視点の高さや重厚な乗り味などがポイントだったかな。
Tiguan01
(ディーラーの納車室?にて)


|

« 星空 | トップページ | 19inch »

コメント

うちは大学の同期に日産のディーラー勤めがいるので日産一択です。
たまには違うメーカーのも乗ってみたいところ^ ^;

投稿: hanabishi | 2014年11月10日 (月) 08:28

>hanabishi殿
うちは義弟が日産のエンジニアですが、縛りなしですw。

投稿: しもひ | 2014年11月11日 (火) 02:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲン再び:

« 星空 | トップページ | 19inch »