« HotSyncって難しい・・・ | トップページ | 年賀状受け付け開始 »

2007年12月15日 (土)

PalmDesktop英語版と日本語版

CLIE TG55とiMacの同期は、MissingSyncの使用を諦めることに。しかし、PalmDesktopを使うにしてもまた問題が。

PalmDesktopのMacintosh用日本語版(4.0)はCLIEに対応していないが、Bluetooth経由であればこれまでもHotSync可能だった。さらに以前のエントリーで書いたように、一部ファイルの中身を書き換えるとクレードル経由でもHotSyncできた。が、LeopardではどうもHotSyncが動作しない。Bluetooth環境設定でCLIEは認識しているのだが、HotSyncが起動せず。英語版のPalmDesktop4.2.2を使えば可能かもしれないが、そのままでは文字化け等があるようなので日本語化作業が必要となる。
うーんどうするか、と色々検索してみたところ英語版と日本語版を混ぜて使用する、と言うやり方がこちらのサイトで説明されていた。英語版をインストールし、ファイルを取り出した後に日本語版を入れ直し、さらに接続関連の一部ファイルを英語版からコピーする方法で、これならうまく行くかも。早速試してみたところ、見事にクレードルでHotSync成功。

Palmの日本撤退から時間がたち、環境は厳しいものがあるが、色々と参考に出来る情報はまだまだ利用者から発信されている。

|

« HotSyncって難しい・・・ | トップページ | 年賀状受け付け開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PalmDesktop英語版と日本語版:

« HotSyncって難しい・・・ | トップページ | 年賀状受け付け開始 »