« 鉄 | トップページ | 新型iMac »

2007年8月 3日 (金)

新宿・四川料理の夜

Ts310116_2昨晩は新宿歌舞伎町の「川香苑」で暑気払い。最近このお店にはまっているという知り合いが誘ってくれた。料理は本格的な四川。

写真は鳥の唐揚げであるが・・・・・・鳥が見えん。この唐辛子の山の下に鶏肉が埋まっている。山盛り唐辛子の中から鶏肉を掘り出して食べてみると見た目ほど辛くはない。唐辛子の辛さより、山椒のピリッとした刺激が口に広がる。その他にも鯛の麻辣油煮(これでもかっ!というぐらいの量の唐辛子で鯛と野菜を油煮)やザリガニの炒め物などなど。どれも唐辛子の使用量は半端じゃなく、いったいこの店では一日何kgの唐辛子を消費するのだろうと思う。料理は辛い事は辛いが山椒やその他香辛料の香りも加わって複雑な旨味がある。これが本場の味なのだろう。豚足の冷製などは普段お目にかかるものとは違い、ゼリー寄せのようでぷるぷるした食感が美味であった。

最初はビールで乾杯したが、最後は白酒。アルコール度なんと56度。ストレートで飲むと口の中で蒸発してしまうほど。

昨日は暑かったが、辛い美味いを堪能してよい暑気払いになった。
このお店、かなり人気店のようで予約も難しいらしい。

|

« 鉄 | トップページ | 新型iMac »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿・四川料理の夜:

« 鉄 | トップページ | 新型iMac »